寒暖差アレルギーで病院に行く目安・タイミング4パターン☝

記事内容
  • 寒暖差アレルギーで病院へ行く「目安(タイミング)
  • 寒暖差アレルギーかも…と思ったとき、何科へ行くべきか?
記事を読むとどうなる?
  • いつ病院へ行くべきか、目安が分かる
  • 寒暖差アレルギーを診てくれる具体的な診療科が分かる
自力で対処し続けるのは、わたしの経験からしてもつらいものでした…

病院へ行く目安(タイミング)について知り、鼻炎症状にしっかり対策しましょう💡

病院に行く目安1.「急な寒暖差で鼻炎になる気がするとき」

病院に行く目安は、一言で言うなら「寒暖差アレルギーかも…?」と感じた(疑った)とき☝

寒暖差アレルギーになりやすい状況
  • 夏の蒸し暑い屋外から、涼しい屋内に急に入ったとき
  • エアコンの風が体に直接当たったとき
  • お風呂上がりに湯冷めしたとき

上記のような急な寒暖差を感じたときに、

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ

など鼻炎症状が出る場合、寒暖差アレルギーが疑われます

このときの病院へ行く目的は、鼻炎の原因が「寒暖差」かどうかを知ること

  • 花粉
  • ハウスダスト(ダニ,ほこり)

など他の原因の可能性もあるので、安易に自己判断しないよう注意です!

夏くしゃみ・鼻水が出る原因

夏にくしゃみ・鼻水が出る2つの原因☝夏風邪?アレルギー??

2019年4月13日

病院に行く目安2.「セルフチェックに多く当てはまったとき」

もっと白黒ハッキリさせたい場合は、寒暖差アレルギーを持つわたしが作成した「寒暖差アレルギーセルフチェックリスト」を参考にしてみてください☝

チェックリスト8項目
  1. 寒暖差で鼻炎になる?
  2. はある?
  3. 鼻水は透明でサラサラ?
  4. 季節に関係なく鼻炎になる?
  5. 生活リズムが乱れると鼻炎になりやすい?
  6. アレルギー検査をした?
  7. はかゆい?
  8. 蕁麻疹は出る?

自分の症状を上記8項目に当てはめることで、寒暖差アレルギーかどうかを簡単に見分けることができます

医師による確かな診断ではないので、あくまで参考程度に!

病院に行く目安3.「症状比較から寒暖差アレルギーを疑ったとき」

寒暖差アレルギーと、

  1. 風邪
  2. アレルギー性鼻炎

この2つは症状が似ていて、判別がちょっと難しいんですよね…💦

そこで、それぞれの症状を比較し、寒暖差アレルギーかどうかを見分けることもできます

この比較で寒暖差アレルギーを疑った場合も、病院に行く目安としてみましょう

寒暖差アレルギーと「風邪」を比較

寒暖差アレルギー 風邪
鼻水の色 無色透明 黄色っぽい
鼻水の状態 サラサラ ネバネバ
鼻づまり ある ある人もいる
くしゃみ ある ある人もいる
ない ある
せき ある人もいる ある
目のかゆみ ない
原因 寒暖差 ウイルス
  • 熱が出るか出ないか?
  • 鼻水の状態

など、寒暖差アレルギーと風邪は明らかに違うことが分かりますね💡

寒暖差アレルギーと「アレルギー性鼻炎」を比較

寒暖差アレルギー アレルギー性鼻炎
鼻水の色 無色透明
鼻水の状態 サラサラ
鼻づまり ある
くしゃみ ある
ない
せき ある人もいる ある
目のかゆみ ない ある
原因 寒暖差 物質(花粉,ハウスダスト等)
寒暖差アレルギーも、広い意味ではアレルギー性鼻炎ですが、

  • せき
  • 目のかゆみ

など、若干の違いがみられます

寒暖差アレルギーの症状

寒暖差アレルギー特有の症状7つ☝特徴的な鼻炎症状をチェック!

2019年4月22日

病院に行く目安4.「アレルギー症状が長引くとき」

もう寒暖差は感じてないのに、鼻炎がずっと治らない…

こんなときも、病院に行くべきタイミングです

目安は、1週間以上鼻炎が続く場合

医師(内科医,耳鼻咽喉科医)103人のアンケートでは、5割近くの医師が「1週間以上鼻炎が続く場合、アレルギー性鼻炎を疑う」と考えているようです

「花粉症」などのアレルギー性鼻炎については、かぜよりも症状を訴える期間は長めで、5割近くの医師が、「1週間以上4週間未満」を目安と考えているようです。

1週間以上鼻炎が続くとき」も、病院に行く目安・タイミングにしてみましょう💡

わたしの場合、いつも2日くらい(長くても3日)で症状は完治します

個人差はありますが、アレルギー症状が1週間以上続くのは、けっこう大変なことかも…

寒暖差アレルギーを疑ったら何科に行くべき?

寒暖差アレルギーかも…と思ったときは、

  1. 内科
  2. 耳鼻咽喉科
  3. アレルギー科

3つのうち、最寄りの病院・クリニックへ行きましょう☝

診療科それぞれの特徴

一番確実なのは、鼻炎症状を専門的に診てくれる「耳鼻咽喉科

明らかに風邪ではない鼻炎が出ている場合、最初から「アレルギー科」へ行くのも選択肢の1つ💡

最寄りに「内科」しかない場合は、内科でもOKです!

寒暖差アレルギーかどうか分からないうちから市販薬でごまかし続けるのは、いつか限界がやってきます…

早めに病院へ行き、専門医から正しい対策を教えてもらいましょう!

寒暖差アレルギーに効く鼻炎薬(市販薬)

寒暖差アレルギーに効く鼻炎薬(市販薬)を見つけるコツ☝

2019年5月12日

「寒暖差アレルギーで病院へ行く目安」まとめ

まとめ
  1. 病院に行く目安1:急な寒暖差で鼻炎になる気がするとき
  2. 病院に行く目安2:セルフチェックに多く当てはまったとき
  3. 病院に行く目安3:症状比較から寒暖差アレルギーを疑ったとき
  4. 病院に行く目安4:アレルギー症状が1週間以上続くとき
  5. 病院(診療科):内科,耳鼻咽喉科,アレルギー科
本当の理想は、寒暖差アレルギーを疑ったらすぐ病院へ行くこと

自分の体のことなので、早めに対策を見つけましょう💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA