寒暖差アレルギーは子供に起きやすい…!?見分け方・対策を解説します☝

記事内容
  • 寒暖差アレルギーが子供に起こりやすい原因
  • 寒暖差アレルギーを起こす前にできる予防法
  • 鼻炎になってしまった後の対策
記事を読むとどうなる?
  • 子供の寒暖差アレルギーについて知ることができる
  • 鼻炎にかかりにくい予防法を知り、お子さんの健康を守ることができる
大人だけでなく、子供こそ注意したい「寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギーを持つわたしが、お子さんにできる対策などをお話ししていきます💡

寒暖差アレルギーは子供でも起こる…!?

寒暖差アレルギーは、子供でも起こる可能性があります

  • ぜんそく
  • 花粉症(アレルギー性鼻炎)
  • 食物アレルギー

のように、子供も大人と同じ「アレルギー」を持っていることがありますね

寒暖差アレルギーとは、大まかに言うと「アレルギー性鼻炎」に当てはまります

つまり、子供も寒暖差が原因で鼻炎になることがある、ということです☝

寒暖差アレルギーとは?

寒暖差アレルギーとは、

  • 花粉症なら、花粉
  • 食物アレルギーなら、特定の食べ物

と同じように、激しい寒暖差に体が過剰反応して、鼻炎症状を起こしてしまう「アレルギー性鼻炎」のこと

子供は、大人と比べて寒暖差アレルギーになりやすい

わたしたちの体温は、主に「筋肉」によって維持されています

子供は、大人と比べて筋肉量が少なく、体温調節もしにくいのが特徴☝

このことから、寒暖差アレルギーを持つ子供は、大人より気温差に弱く、鼻炎になりやすいとされています…💦

体温と筋肉の関係
  • 筋肉量が多い:体温を平熱に維持しやすく、風邪など体調不良を予防できる
  • 筋肉量が少ない:温度変化に対処しにくくなったり、低体温になったりする

また、

低体温の原因の9割は筋肉量の低下と考えられます。

と言われていることから、筋肉量が多いほど、体温調節能力が高いとも言い換えられます

鼻炎になりやすいのは、あくまで「大人と比べると」ではありますが…

大人以上に注意しなければいけませんね

毎日運動したら寒暖差アレルギーが治まった話

毎日運動したらアレルギー性鼻炎が治まった話☝(+根拠考察)

2019年4月11日

子供が寒暖差アレルギーかも?と思った時に確認したい「症状」

寒暖差アレルギーには、寒暖差アレルギー特有の症状があります

代表的な症状が、以下の7つ☝

症状7つ
  1. 激しい寒暖差を感じた後、鼻炎になる
  2. サラサラで透明な鼻水が出る
  3. 熱は出ない(平熱)
  4. 目のかゆみなし
  5. 体が疲れたとき、鼻炎になりやすい
  6. 生活リズムが乱れたとき、鼻炎になりやすい
  7. 季節に関係なく、年中鼻炎になる

お子さんが上記に当てはまっている場合、寒暖差アレルギーを持っているかもしれません

1つや2つでは、可能性はそれほど高くありませんが、

  • 季節の変わり目
  • 前日暖かく、急に寒くなった翌朝

などに「必ず」鼻炎になる場合、寒暖差アレルギーの疑いは濃厚です…💦

寒暖差アレルギーと「風邪」を比較すると…?

寒暖差アレルギーと「風邪」を比較すると、寒暖差アレルギーのことをより分かりやすく理解することができます💡

寒暖差アレルギー 風邪
鼻水の色 無色透明 黄色っぽい
鼻水の状態 サラサラ ネバネバ
鼻づまり ある ある人もいる
くしゃみ ある ある人もいる
ない ある
せき ある人もいる ある
目のかゆみ ない
原因 寒暖差 ウイルス

風邪かどうか迷ったときは、子供の「」と「鼻水」を観察しましょう💡

  1. :ある?ない?
  2. 鼻水の形状:サラサラ?ネバネバ?
  3. 鼻水の色:透明?黄色?

この3つを比較することで、

  • 風邪か?
  • 寒暖差アレルギー(アレルギー性鼻炎)か?

を、ほぼ確実に見分けることができます!

風邪なら、

  • 風邪薬を飲む
  • 内科に行く

寒暖差アレルギー(アレルギー性鼻炎)なら、

  • 鼻炎薬を飲む
  • 耳鼻咽喉科(小児科)に行く

など、より適した対策をとることができますね!

子供の寒暖差アレルギーを予防する方法

では、お子さんが寒暖差アレルギーにならないよう予防したり、鼻炎になってしまった後にどう治せばいいのか…?

まずは、そもそも鼻炎にならないようにする「予防」から見ていきましょう💡

すぐできる寒暖差アレルギー予防「衣服で体温調節する」

子供が、

  • 急な寒暖差を感じない
  • 寒暖差にその場で対処できる

ようにするために、

「衣服」で寒暖差アレルギー対策!
  • 上着を持ち歩き、すぐ羽織れるようにする
  • 重ね着をして、すぐ体温調節できるようにしておく

といった「衣服」を使った予防法が、最も簡単、かつ有効な対策です💡

子供だけでなく、大人のわたしもこの予防法が最適だと考えています!

寒暖差アレルギーを発症する温度目安は、7℃以内

人間の体温を自動調節してくれている「自律神経」という神経が正常に機能する寒暖差は、7℃以内とされています☝

例えば、蒸し暑い夏の屋外から、冷房の効いたスーパーなど屋内へ入るとき

  • 屋外の温度は、35℃
  • 屋内の温度は、25℃

だとすると、気温差は10℃になります

つまり、猛暑日に屋外から屋内へ移動した直後は、鼻炎になる可能性がかなり高いということ💦

お店の空調を切り替えることはできませんから、衣服で寒さ対策するしかありません…

まずできる予防法は、衣服で体温調節できるよう事前準備しておくことです💡

店内から外に出るときも、急に日なたに行ったりしないよう注意したいですね
寒暖差アレルギー対策・予防

寒暖差アレルギー対策4つ☝わたしが実践する予防法を紹介します!

2019年4月11日

寒暖差アレルギーを治すには、鼻炎薬を飲むしかない

花粉症などアレルギー性鼻炎は、何よりも「予防」が大切!

鼻炎になってしまってからでは、鼻炎薬を飲むしか、早く治す方法はありません

そして鼻炎が治まってからは、原因物質(アレルゲン)に触れないよう、引き続き注意(予防)し続けるしかないんですよね…

寒暖差アレルギー同じように、鼻炎になってしまったら「鼻炎薬を飲む」しか、有効な対策はありません

ず~~っと寒暖差アレルギーに悩んでいるわたし自身、寒暖差アレルギーで鼻炎になってしまったときは、

  • 鼻炎薬を飲む
  • 体を今以上に冷やさない
  • とにかく休む、眠る

ことしかできていません…💦

市販の鼻炎薬でもいいけど、子供に飲ませるのは不安…?

  • アレグラ
  • アレジオン
  • エスタック

などなど、市販のアレルギー薬は、種類自体はとっても豊富!

ですが、

  • どれを選んだらいいか…?
  • 子供に飲ませて大丈夫か…?

という心配がありますよね…

こんなときは、薬局に駐在している薬剤師さんに、購入前に相談してみてください☝

歳や鼻炎症状から、

  • 子供に飲ませても安心
  • 最も効き目がある
  • 副作用が少ない

など、お店にある一番おすすめの鼻炎薬を教えてくれます💡

寒暖差アレルギーに効く鼻炎薬(市販薬)

寒暖差アレルギーに効く鼻炎薬(市販薬)を見つけるコツ☝

2019年5月12日

一番安心・確実なのは、病院に行くこと

風邪のような一時的な病気であれば、自然に治る場合もあります

しかしアレルギーの場合、これからず~っと付き合っていかなければいけないものも多いですよね…

寒暖差アレルギーと上手に付き合っていくためには、早いうちから病院に行き、

  • 専門医に対策を聞く
  • 専門医が処方する薬を飲む

など、より安心・確実な対策を早めに持っておくことが大切になります☝

病院は、最寄りにある、

  • 内科
  • 小児科
  • 耳鼻咽喉科

どこかを受診すればOKです💡

自力で対処しにくい子供の健康は、親が守ってあげなければいけません

早めに受診して、効果的な対策を知りましょう💡

寒暖差アレルギーで病院に行く目安・タイミング

寒暖差アレルギーで病院に行く目安・タイミング4パターン☝

2019年5月12日

「寒暖差アレルギーと子供」まとめ

知っておきたいこと
  1. 筋肉量の少ない子供は、(大人と比べると)寒暖差アレルギーにかかりやすい
  2. 寒暖差アレルギー(鼻炎)かどうか、「」「鼻水」を確認しましょう
  3. すぐできる寒暖差アレルギー予防法は、衣服による体温調節
  4. 市販薬より、病院で教えてもらう対策のほうが確実かつ安心!
そもそも「本当に寒暖差アレルギー(アレルギー性鼻炎)なのか?」を知るためにも、まずは病院に行くのが最適な対策!

お子さんの健康は、親が積極的に守ってあげてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA