寒暖差アレルギーで「くしゃみ」が出る原因・対策☝

記事内容
  • 寒暖差アレルギーでくしゃみが出る原因・対策
  • 病院に行く目安・タイミング
記事を読むとどうなる?
  • くしゃみの原因を知り、予防・対策を実践できる
  • くしゃみを今までより和らげる方法が分かる
  • 病院へ行く目安を知り、いざという時の対処法を身につけられる
くしゃみは、寒暖差アレルギー(アレルギー性鼻炎)の代表的な症状の1つ

  • 原因
  • 仕組み
  • 具体的な対策

などを、ここから知っていきましょう💡

くしゃみが出る原因は、寒暖差アレルギーかもしれない

こんなとき「くしゃみ」が出ませんか?
  1. 急な寒暖差を感じたとき
  2. 昨日は暖かかったのに、朝方急に寒く(気温差を)感じたとき
  3. 暑い場所から寒い場所(寒い⇒暑い)へ移動した直後
  4. エアコンの風が体に直接当たった直後
  • 急な寒暖差
  • 暑さ(寒さ)に慣れない状態で感じた気温差

など、激しい寒暖差を感じたときに起こるくしゃみは、寒暖差アレルギーかもしれません…☝

寒暖差アレルギーとは?

寒暖差アレルギーとは、

  • 花粉症なら、花粉
  • アレルギー性鼻炎なら、ハウスダスト(ダニ,ほこりetc…)

のように、「寒暖差」が原因で起こる鼻炎のこと

医学的には、血管運動性鼻炎と呼ばれています

症状

寒暖差アレルギーの主な症状は、

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ

といった、典型的な鼻炎症状

くしゃみも鼻炎症状の1つなので、寒暖差アレルギーでくしゃみが出る可能性は充分あります

寒暖差アレルギーの症状

寒暖差アレルギー特有の症状7つ☝特徴的な鼻炎症状をチェック!

2019年4月22日

原因

原因は、急に感じる「激しい寒暖差

寒暖差アレルギーになりやすい気温差(寒暖差)は、7℃以上と言われています

仕組み

一般的なアレルギー性鼻炎と同じように、激しい寒暖差によって自律神経の働きが乱れることで、寒暖差アレルギーを発症します

自律神経とは?

血管や心臓など、体内の働きをコントロールしている神経のこと

自律神経が乱れると、アレルギー症状のほか、様々な体調不良を起こしてしまう

自律神経が乱れると、なぜ鼻炎になるのか(くしゃみが出るのか)?」については、未だ明らかになっていません…

激しい寒暖差を急に感じると、温度調節に欠かせない血管の拡張(収縮)が極端になり、正常でない働きをしてしまいます

この異常な働きによって、鼻炎症状の他にも、いろんな体調不良を感じるようになってしまいます…

寒暖差アレルギーをセルフチェック!

「寒暖差アレルギーかどうか?」を簡単に判別するため、寒暖差アレルギーセルフチェックを行ってみましょう💡

寒暖差アレルギーを持つわたしが作成した、寒暖差アレルギーならではの症状をまとめています

当てはまる項目数が多いほど、寒暖差アレルギーの疑いが高くなります

ちなみに当の本人は、ほぼ全部当てはまってます…
医師による正確な診断ではありませんので、あくまで参考程度にお使いください

くしゃみ(寒暖差アレルギー)対策

  1. 激しい寒暖差を感じないよう注意する
  2. 自律神経に正常に働いてもらう

寒暖差アレルギー対策1:激しい寒暖差を感じないよう注意する

  • 花粉症なら、マスク,ゴーグルをつけて花粉に触れないようにする
  • ハウスダスト(ダニ,ほこり等)が原因のアレルギー性鼻炎なら、部屋を掃除して原因物質を取り除く

上の対策と同じように、寒暖差アレルギーなら寒暖差を感じないことが何よりも大切!

寒暖差対策
  1. 上着を常に持ち歩き、衣服で体温調節できるようにする
  2. 体が冷えすぎる前に、風呂に入るなど体を芯から温める
  3. 冷暖房を緩やかに設定し、気温を急に下げない

などなど、くしゃみの原因そのもの(寒暖差)を感じないよう、事前に準備しておきましょう💡

寒暖差アレルギー対策2:自律神経に正常に働いてもらう

寒暖差アレルギーは、自律神経の異常な働きによっても起こります

つまり、自律神経に正常に働いてもらえれば、くしゃみは出にくくなるということ!

自律神経に正常に働いてもらうには、

  1. 適度に運動し、体力をつける(筋肉が増え、体温を平熱のまま維持しやすくなる)
  2. ストレスを溜めず、解消する(精神的なストレスは、自律神経を乱れさせる原因の1つ)
  3. 疲れを残さず、休息・睡眠をしっかり行う(身体的な疲労も、自律神経を乱す)

このような予防・対策が有効!

わたしは毎日ジョギングするようになってから、鼻炎になりにくくなりました💡

その体験談(毎日運動で鼻炎になりにくくなった話)も、ぜひ読んでみてください!

毎日運動したら寒暖差アレルギーが治まった話

毎日運動したらアレルギー性鼻炎が治まった話☝(+根拠考察)

2019年4月11日

病院に行くべき目安・タイミング

  • くしゃみが長引く
  • 仕事や家事をまともにできない

など、日常生活に影響してしまっている場合は、病院(耳鼻科,アレルギー科)に行くことも検討しましょう

具体的な目安は、

  • 寒暖差が原因でくしゃみが出る気がする
  • くしゃみが一週間以上続く

とき☝

  • 寒暖差が原因かどうか明らかにする
  • 具体的な対策を、医師から直接聞く

ために、一度病院を受診してみましょう💡

1回病院へ行くだけで、その後ず~~っとくしゃみに悩まずに済むかもしれません☝

どうしてもつらいときは、我慢し続けるより、一度しっかり診てもらってください!

「寒暖差アレルギーでくしゃみが出る原因・対策」まとめ

寒暖差アレルギーとくしゃみ
  1. 激しい寒暖差を感じたときくしゃみが出る場合、寒暖差アレルギーが疑われる
  2. くしゃみ対策は、「寒暖差を避ける」「自律神経の働きを整える」こと
  3. くしゃみが一週間以上止まらない場合、病院を受診すること
長引くくしゃみ、つらいくしゃみを少しでも和らげられるよう、必要な対策をとりましょう💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA