寒暖差アレルギーで熱は出ない!その鼻炎は「風邪」が原因かも…?

記事内容
  • 寒暖差アレルギーと発熱の関係
  • 寒暖差アレルギーと風邪の違い・見分け方
  • 寒暖差アレルギー予防法・対策
記事を読むとどうなる?
  • 熱が出ているとき、風邪か寒暖差アレルギー(鼻炎)かを見分けることができる
  • 寒暖差アレルギー予防法を知ることができる
いきなり結論ですが、寒暖差アレルギーでは高熱になりません

  • 発熱していたら、風邪かも…?
  • 熱が出ない理由
  • 風邪と鼻炎の見分け方

などを、この記事から知っていきましょう💡

寒暖差アレルギーは熱が出ない

寒暖差アレルギーは、広く言うと花粉症のような「アレルギー性鼻炎」に当てはまります

つまり、寒暖差アレルギーで発熱する(高熱が出る)ことは、基本的にありません☝

花粉症で熱が出る人、わたしの身の回りには1人もいません…

もし、

  • 寒暖差アレルギーっぽい鼻炎症状
  • 発熱

を同時に起こしている場合、寒暖差アレルギーではなく「風邪」にかかっている可能性が考えられます

寒暖差アレルギーと似ている「風邪」

  • 鼻水が出る
  • くしゃみが出る
  • 鼻づまりが起こる

風邪と鼻炎(寒暖差アレルギー)は、似ている症状も少なくないですよね

この2つの違いを知っていないと、

寒暖差アレルギーと思ったら、風邪だった…💦

ということになり、風邪を周りの人に移してしまうこともあります…

  1. 風邪
  2. 寒暖差アレルギー

この2つの違いや共通点を知り、どちらかを判断できるようになりましょう💡

風邪と寒暖差アレルギーの違い

風邪と寒暖差アレルギーの違いを、以下にまとめています💡

風邪 寒暖差アレルギー
発熱 ある ない
鼻水の色 黄色っぽい 無色透明
鼻水の形状 ネバネバ サラサラ
鼻づまり あることも ある
くしゃみ あることも ある
咳(せき) ある あることも

注目してほしい違いは、「発熱があるか?ないか?」以外に、

  1. 鼻水の色
  2. 鼻水の形状

この2点☝

鼻水の色形状は、風邪と寒暖差アレルギーで明確に違うポイントです💡

鼻水を比べると違いが分かる!
  • 鼻水が黄色っぽくネバネバしていたら、風邪
  • 鼻水が無色透明でサラサラしていたら、寒暖差アレルギー

この2つの違いを覚えておいてください!

この違いは、子供も同じ!

お子さんの体調不良が「風邪か?鼻炎か?」を判断するときも、

  1. 発熱しているか?
  2. 鼻水の色・形状

を観察してみましょう💡

寒暖差アレルギーは子供にも起きやすい?

寒暖差アレルギーは子供に起きやすい…!?見分け方・対策を解説します☝

2019年5月14日

なぜ、寒暖差アレルギーは発熱しないのか?

寒暖差アレルギーについて話す前に、まずは風邪について💡

風邪を引くと熱が出る理由は、

  1. 風邪の原因(ウイルス)を体内から除去してくれる「白血球」を働きやすくするため
  2. ウイルスをこれ以上増殖させないため

主に、この2つ☝

風邪のときは、倒さなければいけない「病原体」がいるからこそ、高熱を出して体を守ります

高熱なのに寒気を感じるのも、筋肉を震えさせて、体温を上げる(これ以上下げない)ため💡

ですが寒暖差アレルギーは、そもそも体内に倒すべき「病原体」がいません

つまり、発熱する必要がないということ

寒暖差アレルギーで熱が出ない理由は、

  • そもそも病原体がいない
  • 熱を出す理由・意味がない

からです💡

寒暖差アレルギーが起こる原因

寒暖差アレルギーの原因は、体温調節を行う「自律神経」の乱れ

自律神経の働きが乱れると、鼻を通る血管をコントロールできなくなり、

  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • くしゃみ

といった鼻炎症状を起こしてしまいます

自律神経とは?

  • 内臓を動かす
  • 血管の拡張・縮小をコントロールし、体温を調節する

このような働きを、24時間休みなく、無意識に行ってくれている神経のこと☝

血管には、

  • 気温が上がると拡張し、熱を体外に逃がしやすくする
  • 気温が下がると縮小し、熱を体外に逃がしにくくする

という働きがあります

自律神経の働きが激しい寒暖差によって乱れ、上手に体温調節できなくなることで、鼻炎になってしまいます

なぜ、自律神経が乱れると鼻炎になるのか?

この詳細な仕組みは、未だに明らかにされていません…

寒暖差アレルギーでくしゃみが出る原因・対策

寒暖差アレルギーで「くしゃみ」が出る原因・対策☝

2019年5月12日

寒暖差アレルギー対策(予防法)を持とう!

寒暖差アレルギー対策に重要なのは、予防

花粉症の人がマスクをして鼻炎を防ぐように、寒暖差アレルギーも未然に「予防」することが重要です☝

ここからは、そもそも鼻炎を起こさない「予防法」について、簡潔にお話ししていきます💡

寒暖差アレルギー予防法1:激しい寒暖差を避ける

当たり前じゃん!!

と思うかもしれませんが、

  • 花粉症なら、花粉を避ける
  • ダニアレルギーなら、ダニを除去する
  • 食物アレルギーなら、アレルギーを起こす食物を食べない

などなど、すべてのアレルギーは、当たり前のことが予防につながるもの…

つまり寒暖差アレルギー予防も、寒暖差を避けることが最も大切ということ💡

すぐできる寒暖差対策
  1. その場で体温調節できるよう、常に上着を持ち歩く
  2. 細かく体温調節できるよう、人より重ね着する
  3. 体温を余計に下げないよう、エアコンの直撃風を避ける

上記対策を心がけて、激しい寒暖差を避けるようにしましょう!

寒暖差アレルギー対策・予防

寒暖差アレルギー対策4つ☝わたしが実践する予防法を紹介します!

2019年4月11日

寒暖差アレルギー予防法2:適度な運動

運動も、寒暖差アレルギー予防にと~っても有効!

運動による予防効果3つ
  1. 筋肉量が増え、体温を調節しやすくなる
  2. 代謝が上がり、体温を維持しやすくなる
  3. ストレスが解消され、自律神経が乱れにくくなる

寒暖差アレルギー予防に、効果抜群💡

わたし自身、ジョギングを毎日続けているおかげで、以前より鼻炎になりにくくなりました!

そのときの体験談と根拠を、別記事にまとめています💡

毎日運動したら寒暖差アレルギーが治まった話

毎日運動したらアレルギー性鼻炎が治まった話☝(+根拠考察)

2019年4月11日

「寒暖差アレルギーと発熱の関係」まとめ

まとめ3つ
  1. 寒暖差アレルギーになっても、熱は出ない
  2. 風邪と鼻炎を見分けるには、「発熱」「鼻水の色・形状」に注目!
  3. 寒暖差アレルギーは、予防が大事!
この記事に書いたすぐできる対策以外にも、寒暖差アレルギーは「自分なりの対策」が大事!

  • 鼻炎になりやすい場所はどこなのか?
  • いつ、どんなことをすると鼻炎になるのか?

といった「経験」が、寒暖差アレルギーを予防するカギ!

ぜひ、あなたなりの予防法・対策を見つけてみてくださいね💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA