寒暖差アレルギー特有の症状7つ☝特徴的な鼻炎症状をチェック!

記事内容
  • 寒暖差アレルギーに特有の鼻炎症状7つ
記事を読むとどうなる?
  • 今の鼻炎が寒暖差アレルギーかどうかが分かる
  • 寒暖差対策を意識し、鼻炎症状を抑えることができる
わたしが実際に持っていて、いつも注意している寒暖差アレルギー

文献と経験から、寒暖差アレルギーに特有の症状をまとめていきます💡

寒暖差アレルギーにみられる症状一覧

  1. 寒暖差を感じた後、鼻炎症状(鼻水,くしゃみ等)が出る
  2. サラサラで透明な鼻水が出る
  3. 風邪のような発熱がない
  4. 目のかゆみを感じない
  5. 疲れたときに鼻炎になりやすい
  6. 生活リズムが乱れたときに鼻炎になりやすい
  7. 季節・時期を問わず、年中鼻炎になる

症状1.寒暖差を感じた後、鼻炎症状(鼻水,くしゃみ等)が出る

寒暖差アレルギーとは、その名の通り「寒暖差」が原因で鼻炎になる、アレルギー性鼻炎の一種☝

  • 花粉が体内に入ると鼻炎になる、花粉症
  • ほこりっぽいところに行くと鼻炎になる、ほこりアレルギー

よく知られているアレルギーと、発症の流れは一緒です💡

仕組み

寒暖差アレルギーは、別名「血管運動性鼻炎」と言います

  1. 激しい寒暖差を感じる
  2. 血管の働きを制御している「自律神経」が乱れる
  3. 自律神経の乱れ(誤作動)が、鼻炎として現れる

簡単な仕組みは、上記のようになります☝

しかし、「自律神経の乱れが”なぜ”鼻炎を起こすのか?」というメカニズムは、未だ明らかになっていません…
  • 真夏の屋外から涼しい屋内へ、急に移動した
  • 寒い部屋を暖めようと、暖房を強力にかけた

など、激しい寒暖差を感じたあと鼻炎になる場合、寒暖差アレルギーが疑われます

症状2.サラサラで透明な鼻水が出る

アレルギー性鼻炎で出る鼻水の特徴として、

  1. 透明
  2. サラサラ
  3. 多量

この3つが挙げられます☝

風邪 アレルギー性鼻炎
黄色っぽい 透明
粘性 粘り気がある サラサラ
少量~中等量 多量

「アレルギーかも?」と思ったとき、ご自身の鼻水を確認してみましょう

上記に当てはまれば、少なくとも、

  • 風邪ではない
  • アレルギー性鼻炎かもしれない

ということが分かります💡

症状3.風邪のような発熱がない

寒暖差アレルギー(アレルギー性鼻炎)の症状で特徴的なのは、熱が出ないこと☝

風邪による発熱は、

  1. 病原体(細菌,ウイルス)の持つ毒素
  2. 病原体を排除しようとする体の仕組み

この2つが原因で起こります

ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入すると、病原体の持つ毒素が体温の上昇を引き起こします。

さらに、これに対応して病原体を排除しようと免疫活動を活性化することで、高熱が起こります。

アレルギー性鼻炎の場合、

  • 毒素を持つ病原体がない
  • 病原体を排除する働きが起こらない

ことから、鼻炎症状のみが現れる(発熱は起こらない)となります

鼻炎時に熱を計ってみることで、風邪か鼻炎かが分かります💡

症状4.目のかゆみを感じない

目のかゆみを感じないことは、

  • 花粉
  • ダニ
  • ハウスダスト

といったアレルギー性鼻炎と異なる、寒暖差アレルギーならではの症状

寒暖差アレルギーは、くしゃみや鼻づまりといった症状が見られる点でアレルギー性鼻炎とよく似ていますが、以下のような違いがあります。

  • 目の炎症、かゆみ、充血がない

アレルゲンが目に侵入しないことが理由と考えられますが、こちらも「なぜかゆみが出ないのか?」は明らかにされていません…

症状5.疲れたとき鼻炎になりやすい

先ほどお話しした通り、寒暖差アレルギーの原因は自律神経の乱れ

この自律神経は、身体的な疲労によっても乱れやすくなります

わたしも疲れたときは、いつもなら大丈夫な寒暖差でも鼻炎になることがあります…💦

疲れを感じているときは、寒暖差にいつも以上の注意が必要です☝

症状6.生活リズムが乱れたとき鼻炎になりやすい

  • 睡眠不足
  • 不規則な食生活
  • 激しいストレス
  • 環境の変化(旅行,帰省,引っ越しなど)

など、一時的に生活リズムが乱れた瞬間、鼻炎症状が現れることもあります

  • 生活リズム
  • 生活環境

が変わり何かしらのストレスを感じたときも、寒暖差に注意しましょう💡

わたしは、特に睡眠不足が大敵です…
毎日運動したら寒暖差アレルギーが治まった話

毎日運動したらアレルギー性鼻炎が治まった話☝(+根拠考察)

2019年4月11日

症状7.季節・時期を問わず、年中鼻炎になる

寒暖差アレルギーは、花粉症のように「季節限定」ではありません

  • 冷暖房による寒暖差
  • 慣れない外出先の温度差
  • 季節の変わり目

など、寒暖差(アレルゲン)はいつでもどこにでもあり、年中鼻炎になる可能性があるアレルギーと言えます…

毎回同じ鼻炎症状が、時期に関係なく現れる」のは、寒暖差アレルギーの特徴の1つです☝

寒暖差アレルギー夏

寒暖差アレルギーなく夏を乗り切る方法!月ごとの注意と対策☝

2019年4月12日

「寒暖差アレルギーが起こす症状」まとめ

症状7つ
  1. 寒暖差を感じた後、鼻炎になる
  2. サラサラで透明な鼻水
  3. 発熱なし
  4. 目のかゆみなし
  5. 疲れたとき鼻炎になりやすい
  6. 生活リズムが乱れたとき鼻炎になりやすい
  7. 年中同じような鼻炎になる
「寒暖差アレルギーかどうか?」は、自身の経験・体験から判断できます

アレルギー性鼻炎は、何より予防が大切!

激しい寒暖差を感じないよう、できる対策をしていきましょう💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA