寒暖差アレルギー対策4つ☝わたしが実践する予防法を紹介します!

記事内容
  • 寒暖差アレルギーを予防・対策する4つの方法
  • 具体的な対策・予防法の紹介
記事を読むとどうなる?
  • 寒暖差アレルギー対策を知ることができる
  • アレルギー対策を実践できる
  • 寒暖差アレルギーを予防し、今までより健康に過ごすことができる
わたしも実践している、具体的な対策を紹介していきます💡

対策・予防法1.寒暖差を避ける

いきなりですが、これが最も重要な寒暖差アレルギー対策!

当たり前じゃん……

とお思いかもしれませんが、治療できない「アレルギー」だからこそ、原因(寒暖差)を避けることが、基本中の基本対策💡

  • 花粉症なら、マスクをして花粉を避ける
  • ダニアレルギーなら、部屋を掃除してダニを除去する

寒暖差アレルギーも、他のアレルギーと基本は同じですね

具体的な対策・予防法

予防・対策
  1. 夏でも上着を持ち歩き、すぐ羽織れるよう準備する
  2. すぐに体温調節できるよう、人より多く重ね着する
  3. 手袋,マフラーなど、小物を活用する
  4. 冷暖房を緩やかに設定する(夏:28℃,冬:20℃)

寒暖差アレルギーは、とにかく激しい温度差を感じないこと!

そのために、できる範囲で事前準備をしておきましょう!

対策2.自律神経の働きを整える

自律神経とは?

内蔵など、体内の働きをコントロールしている神経

自動で体温調節してくれるのも、自律神経の働きです💡

寒暖差が引き金となり、自律神経の働きが乱れることで、アレルギー症状を引き起こすとされています

「なぜ寒暖差がアレルギーを引き起こすのか?」という仕組み(メカニズム)は、未だ解明されていません…

つまり、自律神経の働きを整えることで、寒暖差アレルギーを予防することができます!

自律神経を整えるには、

  1. 疲労など、肉体的なストレス
  2. 緊張・不安など、精神的なストレス

2つのストレスを避けたり、和らげることが大切です☝

自律神経を整える方法1.健康的な生活リズムを送る

  • 決まった時間に寝起きする
  • 決まった時間に食事を摂る

など、健康的な生活リズムを送ることで、自律神経の働きを整えることができます

逆に、睡眠不足などで「疲労」が溜まると、自律神経は乱れやすくなります…

自律神経を整える方法2.ストレスを溜めない・解消する

精神的なストレスも、自律神経を乱す原因となります

ストレス解消も、間接的な寒暖差アレルギー予防につながります☝

先ほどお話しした「健康的な生活リズム」は、精神的ストレスも溜めにくくできる一石二鳥の予防法です

対策3.食生活を見直す

  • 生姜,温かい飲み物などを口にする
  • 冷えた飲み物,アイスなどを一気に摂取しない

など、食生活を見直すことでも、寒暖差アレルギーを予防できます

食生活を変えようと、無理に頑張りすぎる必要はありません!

  • 食べ方
  • 食べる量
  • 食べる速さ

などを意識するだけでも、アレルギー予防につながります💡

対策4.適度に運動する

適度な運動をすることで、

  • 体力がつき、免疫力が上がる!
  • 筋肉がつき、体温を維持しやすくなる!
  • ストレスを解消でき、自律神経が乱れにくくなる!

といった効果を得られ、寒暖差アレルギーを予防することができます

3月から「毎日3kmジョギング」をするようにした結果、これまで一度も鼻炎にならず過ごせています!

寒さ対策もしっかりすれば、寒暖差アレルギー持ちも冬ランできます👍

毎日運動したら寒暖差アレルギーが治まった話

毎日運動したらアレルギー性鼻炎が治まった話☝(+根拠考察)

2019年4月11日

「寒暖差アレルギー予防・対策」まとめ

予防・対策4つ
  1. 寒暖差を避ける
  2. 自律神経の働きを整える
  3. 食生活を見直す
  4. 適度に運動する
根本的な治療法がない「アレルギー」だからこそ、予防・対策はとっても重要!

この中から、できそうなものを1つでも実践してみてくださいね💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA