雨の日にくしゃみが出るのはなぜ?原因2選&私が実践する対策!

記事内容
  • 雨の日にくしゃみが止まらなくなる2つの原因
  • くしゃみの予防法・対策
記事を読むとどうなる?
  • 雨の日に鼻炎になる原因が分かる
  • 原因を知ることで、鼻炎を予防・対策できる
わたしも経験している、雨の日に感じる鼻のムズムズ…

この原因を、実体験と根拠をもとにお話ししていきます💡

原因1.血管運動性鼻炎(寒暖差アレルギー)

1つめの原因は、血管運動性鼻炎と呼ばれる鼻炎☝

血管運動性鼻炎とは?

急激な温度変化などをきっかけに、くしゃみや鼻水が出る鼻炎症状のこと

雨の日は、前日の晴天から、気温が急激に下がることがあります

この極端な温度差を感じたことで、くしゃみが出てしまったと考えられます

アレルギー性鼻炎に近いが、原因不明…!?

血管運動性鼻炎は、

  • くしゃみ,鼻水,鼻づまりあり
  • 発熱なし

など、一見するとアレルギー性鼻炎に近い症状を起こします

ですが、血液検査をしても原因物質(アレルゲン)を特定できないことがあります

わたしが持つ「寒暖差アレルギー」は、これに当てはまっています…

寒暖差は、物質ではありませんからね……💦

寒暖差アレルギーかもしれない

  • 冷房をかけて寝た翌朝
  • 冷房の効きすぎた施設に入った直後
  • 気温が変わりやすい、季節の変わり目

こんなとき、鼻炎になった経験はありませんか?

激しい寒暖差によって鼻炎になる人は、「寒暖差アレルギー」を持っている可能性があります

  • 暑さや寒さに弱い人
  • 疲れると鼻炎になる人

「もしかして…」と感じた人は、寒暖差アレルギーをセルフチェックしてみてください!

こちらの記事(寒暖差アレルギーセルフチェックリスト8項目)から、寒暖差アレルギーかどうかを簡易的に知ることができます💡
寒暖差アレルギーセルフチェック

寒暖差アレルギーを簡単診断!セルフチェックリスト8項目

2019年4月10日

寒暖差アレルギー対策

どのアレルギー性鼻炎も、一番の対策はアレルゲンに近づかないこと

寒暖差アレルギーも例外ではなく、激しい寒暖差を避けることが大切です☝

  • 上着を持ち歩く
  • 冷暖房をゆっくり効かせる
  • 熱すぎる(冷たすぎる)ものを一気に食べない

自身の生活習慣から、鼻炎が起こりやすい行動を把握し、自分なりの予防・対策を見つけましょう💡

寒暖差アレルギー対策・予防

寒暖差アレルギー対策4つ☝わたしが実践する予防法を紹介します!

2019年4月11日

原因2.低気圧が起こす鼻炎

雨は、上空に低気圧が発生することで降りますね

この低気圧が原因で、くしゃみが出ることもあります☝

低気圧が鼻炎を起こす仕組み

低気圧による鼻炎が起こる流れ
  1. 低気圧が発生する
  2. 副交感神経(リラックス中に働く神経)が活発化する
  3. ⇒⇒ヒスタミン(かゆみや炎症の原因)が分泌される
  4. ⇒⇒⇒ヒスタミンが、交感神経(興奮時に働く神経)を活発化させる
  5. ⇒⇒⇒⇒交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、くしゃみが出る

雨の日に発生する低気圧神経バランスを崩すことで、鼻炎になってしまう人もいます

ヒスタミンそのものにも、くしゃみを発生させる働きがあります

低気圧対策

低気圧を避けること、絶対に不可能ですよね…

もし低気圧が原因だとしたら、鼻炎になった後の対策を準備しておくしかありません☝

  • 抗アレルギー薬
  • 抗ヒスタミン薬

など、薬局でも買える鼻炎薬を常備しておくと、いざという時に安心です

  • 症状が重い
  • 市販薬が効かない
  • 原因を詳しく知りたい

というときは、最寄りの耳鼻科へかかりましょう!

自力での対処には、限界があります…

「雨の日に起こるくしゃみ」まとめ

原因
  1. 血管運動性鼻炎:温度差・におい・疲れが原因で発症する
  2. 低気圧による鼻炎:気圧の変化によって神経のバランスが崩れたり、ヒスタミンが分泌されることで発症する
  3. 対策:常に予防を意識して、寒暖差を感じない工夫を!
くしゃみが出る原因やタイミングがわかれば、

  • どう予防すればいいか?
  • どう対処すればいいか?

といったことがわかります

まずは服や市販薬などで、自分なりに予防・対処!

それでも悪化してしまう場合は、すぐに最寄りの耳鼻科にかかりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA