暑いと鼻水が出る原因2選!”なぜ”を知れば対策も分かる!

記事内容
  • 暑いときに出る鼻水「2つの原因
記事を読むとどうなる?
  • 今出ている鼻水の原因が分かる
  • 原因が分かることで、対処法も分かる
寒いときに出るイメージだけど、なぜ夏にも鼻水が……?

その答えを、ここで詳しくお話ししていきます☝

なぜ暑い時に鼻水が出るのか?

夏など「暑い日に出る鼻水」は、

  1. 体温調節
  2. 寒暖差アレルギー

主に、この2つの原因が考えられます

体温調節は正常な反応ですが、寒暖差アレルギーは病気…

どちらの原因で鼻水が出るのか、この下からチェックしていきましょう

原因1.体温調節

  • 鼻水で、異物を洗い出す
  • 鼻毛で、異物を吸着する

などなど、わたしたちの鼻は、体に良い空気を作り出す役割を担っています

体が「暑い!!」と感じる空気を、そのまま体内には入れられませんよね…

この熱を冷ます過程で、鼻水が出ることがあります

冬の寒い日に、

  • ラーメン
  • お鍋
  • ホットコーヒー

といった熱々の食べ物・飲み物を口にしたときにも、よく起こる現象です☝

これが原因であれば、体の正常な働きなので問題ありません

次に説明する「寒暖差アレルギー」に当てはまりそうな人は、注意が必要です…

原因2.寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギーとは、激しい寒暖差が原因で発症するアレルギー症状のこと

  • 暑い屋外から、冷房の効いた室内に入ったとき
  • エアコンの冷風に直接当たったとき
  • 冷たい食べ物・飲み物を食べすぎたとき

上記のように、「外は暑く、体は冷たい」ときに発症しやすく、

  • 冷暖房を使う機会が増える、
  • 季節の変わり目で寒暖差が激しい、

基本的に、年中関係なく発症します

具体的な温度差は、7℃以上とされています

真夏日に、エアコンが効きすぎた部屋に急に入ったりすると、わたしは間違いなく鼻炎になります…

セルフチェック

まずは、「自分は寒暖差アレルギーなのか?」を、簡単にセルフチェックしてみましょう💡

わたし自身のアレルギー経験から作成しているので、皆さんにも当てはまれば要注意です…

寒暖差アレルギーじゃなかった!

チェックリストに当てはまらなければ、おそらく寒暖差アレルギーではありません

「おそらく」と言ったのは、病院で受ける確実な診断ではないからです

また今回出た鼻水が、他の原因の可能性もあるため、注意はしておきましょう☝

寒暖差アレルギーかもしれない…

寒暖差アレルギーかも…」と思われた場合は、

  1. 日頃から寒暖差を感じないよう意識する
  2. 病院(耳鼻科,アレルギー科)などで診察を受ける

など、必要な対策をとりましょう

寒暖差アレルギー対策・予防

寒暖差アレルギー対策4つ☝わたしが実践する予防法を紹介します!

2019年4月11日

アレルギー対策の基本

アレルギー対策の基本は、原因物質(アレルゲン)を避けること

  • 花粉症なら、マスクをして花粉を防御する
  • ダニアレルギーなら、布団をこまめに掃除する

このように原因から遠ざかることが、最も重要な対処法💡

寒暖差アレルギーも同様に、「寒暖差」を避けることが、一番の予防・対策になります!

「暑いと鼻水が出る2つの原因」まとめ

まとめ
  1. 鼻水を出すことで、熱い空気を冷やしている
  2. 7℃以上の激しい寒暖差を感じ、寒暖差アレルギーを発症している
  3. 寒暖差アレルギー対策の基本は、寒暖差を避けること
  4. 心配なときは、迷わず病院(耳鼻科,アレルギー科)へ行きましょう💡
2つの原因のどちらに当てはまるか、分かりましたか?

寒暖差アレルギーでないことを祈ります…年中鼻炎になるかもしれないんのって、本当につらいですから……💦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA