「暑いのに寒い」と感じる4つの原因。看護師が優しく解説!

記事内容
  • 気温は暑いのに寒気を感じる4つの原因
  • 原因それぞれの注意点・対策
記事を読むとどうなる?
  • 寒気の原因を明らかにすることができる!
  • 今感じている寒気を和らげることができる!
  • 原因に合わせて、日頃から暑さ・寒さ対策ができる!
外は蒸し暑いのに、なぜか寒気がひどい…

このような、

  • 矛盾した感覚の原因
  • 覚えておきたい対策

について、簡単に学んでいきましょう💡

暑いのに寒い原因1.冷え性

まずは、夏に起こりやすい「冷え性」について

  1. 体がだるい
  2. 食欲がない
  3. お腹の調子が悪い

こんなときは、冷え性の可能性が考えられます

自分の日常生活を振り返り、

  1. 冷房の効いた部屋に長くいることが多い
  2. 冷たい食べ物・飲み物をたくさん摂りがち
  3. 寝るときも冷房を強力にかけている

このような体を冷やす原因を多く作っている人ほど、冷え性になりやすい生活を送っていることになります…

まずは、具体的な「冷え性対策」を行ってみましょう💡

冷え性対策

  1. ぬるめのお風呂に浸かり、体全体を温める
  2. お腹周りを温める(冷やさない)

ぬるめのお風呂は、副交感神経が働き、快眠にもつながります

血管が集中しているお腹周りを温めることで、温かい血液を体全体に流し、体を内側から温めることができます

症状が重くなると、後ほどお話しする「熱中症」にもつながることがあります…

できるときに、できる対策を心がけましょう👍

暑いのに寒い原因2.風邪

風邪をひくと、高熱が出ますね

高熱が出たときに感じる寒さを「悪寒(おかん)」と言います

悪寒とは?

細菌やウイルスなど「毒素」を持つ物質に感染すると、体の免疫機能が働く

その刺激が原因で感じる寒気を「悪寒」という

風邪に対する「寒気対策」

高熱寒気を同時に感じているときは、

  1. 布団をかける
  2. 寒くならない服装をする

など、体を温めるのが正しい対処法💡

注意点

注意点としては、汗をかくほど体を温めすぎないこと

  • 汗が蒸発し、体がさらに冷える
  • 体力を余計に消耗する

など、風邪を治す力を奪ってしまいます…

暑いのに寒い原因3.熱中症

寒気を感じるのに、顔や手足は熱い💦

この状態は、この時期に起こりやすい「熱中症」の可能性も考えられます

  • 運動不足
  • 水をあまり飲まない
  • 冷房の効いた屋内で仕事をしている

上記に当てはまる人は、熱中症からくる寒気を感じている可能性も考えられます

熱中症に対する「寒気対策」

一番の対策は、基本的な熱中症対策をとること

  1. 水分補給
  2. 服を緩め、熱を逃がす
  3. 涼しい場所に移動する

など、すぐに熱中症対策を行いましょう

暑いのに寒い原因4.自律神経の乱れ

寒気を感じる原因として、「自律神経の乱れ」も考えられます

自律神経とは?

内蔵など体内の働きを、自動的に調節してくれている神経

体温調節も、自律神経の担当です☝

聞き慣れない言葉ですが、とっても身近な体の仕組みの1つですね💡

自律神経は「初夏」ほど乱れやすい

自律神経は、

  • 夏の暑さに慣れていない
  • 冷房を使い始める

など、極端な寒暖差を感じるこの時期ほど乱れやすくなります

自律神経が正常に働く温度差は、「7℃まで」とされています

  1. 屋外の極端な暑さ(猛暑日など)
  2. 屋内の極端な涼しさ(効きすぎた冷房など)

この2箇所を行き来しがちなこの時期は、7℃以上の温度差を感じやすい環境に満ちています

つまり、自律神経が乱れやすい時期となります…

自律神経を整える「対策」

基本的な対策は、体を冷やしすぎない生活を心がけること

  1. 肌の露出を避け、冷風を直接当てない
  2. 冷たい食べ物・飲み物を避ける
  3. 掛布団や腹巻を使う

など、暑くも寒くもなりすぎない「適度な温度調節」を意識しましょう☝

外の暑さは変えられませんよね…

つまり「暑さ対策」ではなく、自力で調節できる「寒さ対策」が重要です💡

寒暖差アレルギー対策・予防

寒暖差アレルギー対策4つ☝わたしが実践する予防法を紹介します!

2019年4月11日

「暑いのに寒い原因」まとめ

まとめ
  1. 冷え性
  2. 風邪
  3. 熱中症
  4. 自律神経の乱れ
症状が重くなる前に、できる対策を心がけましょう!

日常から寒さ対策を心がけることも、健康維持・増進にとっても大切です✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA