寒暖差アレルギー対策「8月」編☝猛暑日に注意したい2つのこと

記事内容
  • 8月に寒暖差アレルギーを発症させない2つの注意点・対策
記事を読むとどうなる?
  • 寒暖差アレルギーを予防する方法が分かる
  • 8月をアレルギー症状なく乗り切ることができる
夏休みや夏季休暇を楽しむために、8月に意識したい寒暖差アレルギー対策を知っていきましょう💡

8月に注意したいこと

  1. 屋内外の温度差に注意!
  2. 汗冷えに注意!

注意1.冷房と屋外の温度差

8月は、最高気温が40℃近くなる日も多い時期

猛暑の屋外から、空調をガンガン効かせた屋内に急に入ると、簡単に寒暖差アレルギーを発症してしまいます…

体が猛暑に慣れてきた分、冷えすぎた屋内に注意が必要です

注意を怠りがちなのが、電車の空調!

旅行で使った電車がめちゃくちゃ寒かったという経験、ありませんか?💦

乗り慣れている通勤電車は大丈夫でも、つい油断しちゃう旅行先では、一層注意が必要!

旅先でアレルギーにはなりたくないですよね……わたしは何度も経験あります………

8月は、自律神経が乱れやすい

わたしたちの体温を調節してくれている「自律神経」は、急な温度差に弱い神経

正常に働ける温度差は、7℃以内とされています

これ以上の温度差を感じると、自律神経が乱れ、アレルギー症状を引き起こしてしまいます

冷房が28℃設定でも、気温が36℃以上なら、自律神経が乱れる条件を簡単に満たしてしまいます…

寒暖差対策

  1. 外出時は、すぐに羽織れる上着を持ち歩く(肌に冷気が当たらない長袖が理想💡)
  2. 汗で体を冷やさないよう、汗ふきシート,タオルを持ち歩く
  3. 冷房の設定温度を控えめにする
  4. 冷房を急に効かせない

などなど、7月に引き続き、急な寒暖差を感じないよう注意しましょう☝

注意2.汗冷え

汗冷えとは?

汗の蒸発と共に体温が奪われ、体が冷えてしまうこと

8月は、1年で1番高温多湿になる時期

汗をかきやすく、屋内外を行き来する機会も多いからこそ、汗冷えに要注意です!

汗冷え対策

  1. 汗拭きシート,タオルを常備し、汗をこまめに拭き取る
  2. お腹,首など太い血管が通る部分を冷やさないよう、夏用の腹巻,スカーフを活用する
  3. 寝汗を減らすため、扇風機,冷房,除湿機を活用する

上記に加えて、自身の生活スタイルに合わせた汗冷え対策を行っていきましょう!

漢方医学専門医「南雲久美子」先生によると、

汗をかいた時にエアコンが効いているところに入るのは、お風呂あがりに裸で歩いているようなもの!

だそうです…💦

裸で歩いたら、わたしなら間違いなく鼻炎になります……

「8月に意識したい寒暖差アレルギー対策」まとめ

8月に意識したいこと
  1. 屋内外の温度差を感じにくくするため、上着など服装を工夫する
  2. こまめに汗を拭き取るなど、汗冷え対策を心がける
猛暑日ならではの対策を心がけ、アレルギー症状なく8月を過ごしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA