夏にくしゃみ・鼻水が出る2つの原因。夏風邪?アレルギー?

記事内容
  • 夏にくしゃみ・鼻水が出てしまう「2つの原因
記事を読むとどうなる?
  • 夏に鼻炎症状を起こす原因が分かる
  • 原因が分かることで対策できる
暑いのに、なんで風邪っぽい…??

その原因と対策を、ここから知っていきましょう💡

夏のくしゃみ・鼻水「2つの原因」

蒸し暑い夏にも関わらず、くしゃみや鼻水が止まらない原因として、

  1. 夏風邪
  2. アレルギー性鼻炎

この2つの可能性が考えられます

それぞれ、詳しくお話ししていきます☝

原因1.夏風邪

風邪と聞くと、

  • 冬の寒いとき
  • 体が冷えたとき

にかかるイメージがありませんか?

夏風邪は、エアコンが原因で夏でも体が冷えるようになった、現代病

体が冷えることで免疫力が低下し、夏風邪をひいてしまうことがあります…

夏風邪は、夏のウイルスが引き起こす!

季節を問わず、すべての風邪はウイルスが原因!

冬のウイルスが低温低湿を好むのに対し、夏のウイルスは高温多湿の環境を好むのが特徴です☝

夏に活発化するウイルスが原因で、冬と同じように風邪をひくことがあります

  • 発熱
  • のどの痛み
  • (せき)

などを感じていたら、鼻炎ではなく夏風邪になります

原因2.アレルギー性鼻炎

  • 発熱なし
  • 咳なし
  • 喉の痛みなし

そんな人は、夏特有のアレルギー性鼻炎が考えられます

夏に起こる可能性のあるアレルギー性鼻炎は、

  1. 寒暖差アレルギー
  2. ほこりアレルギー
  3. ダニ・カビアレルギー
  4. 花粉症

この4つ

これらのアレルギーについても、ひとつずつ細かく見ていきましょう!

1.寒暖差アレルギー

  • 外から、冷房の効きすぎた屋内に急に入ったとき
  • 冷たいものを食べすぎて、体が冷えたとき

など、寒暖差を感じたとき、鼻水が止まらなくなったりしませんか?

寒暖差が原因で起こる鼻炎を、寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)といいます

簡易チェックリスト
  1. 年中関係なく鼻炎になる
  2. サラサラで透明な鼻水が出る
  3. 寝不足など生活リズムが乱れると鼻炎になる

上の簡易チェックリストに当てはまった人は、寒暖差アレルギーの可能性あり…

より詳しく、寒暖差アレルギーをセルフチェックしてみましょう。

わたし自身も、この寒暖差アレルギーに年中苦しんでいるうちの1人…

チェックリストも、わたしの経験を基に作成しています💡

2.ほこりアレルギー

夏になると使わずにはいられない、エアコン

このエアコンから出るほこりを吸うことで、ほこりアレルギーを発症しているかもしれません

  1. エアコンを掃除せず使っている
  2. ほこりっぽい場所が苦手

上記に心当たりのある人は、ほこりがアレルゲン(原因物質)になっている可能性があります

3.ダニ・カビアレルギー

ダニ・カビは、高温多湿の環境を好みます

梅雨から秋口の間は、ダニやカビが繁殖しやすい時期でもあります💦

  1. 部屋をこまめに掃除していない
  2. 布団を掃除していない,干していない
  3. 家の中を換気していない
  4. 除湿しておらず、いつも蒸し暑い

上記にドキッとした場合、家の中でダニやカビが繁殖しているかもしれません…

  • ダニのフンや死骸を取り除く
  • 水周りを掃除する

など、こまめな掃除でアレルゲンを取り除きましょう💡

4.花粉症

「花粉症」と聞くと、2月~3月頃にかかるイメージがありませんか?

実は、夏にも飛んでいる花粉があるんです💦

夏に飛に花粉は、主に「イネ科」の植物

  • 近くに田んぼがある
  • アレルギー検査をしたことがない

夏ならではの花粉症に、注意が必要です

花粉症の種類

花粉症の種類3パターン解説☝夏,秋に鼻炎を起こす植物に注意!

2019年4月14日

「夏のくしゃみ・鼻水の原因」まとめ

2つの原因
  1. 原因1:夏風邪
  2. 原因2:アレルギー性鼻炎(寒暖差,ほこり,ダニ・カビ,花粉症)
ピンとくる原因があれば、すぐに対策を!

アレルギーであれば、アレルゲンに近づかなければ鼻炎にはなりません

夏風邪の場合は、

  • 手洗い・うがい
  • 生活リズムを整える(免疫力を下げない)

といった対策を意識して、夏のくしゃみ・鼻水を予防しましょう💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA